単身者の引っ越しは安くないと!

引っ越し業者を利用する人で最も多いのが、単身者の引っ越しです。
進学や就職による引っ越しや単身赴任などで引っ越しをする人が多いことと、単身者の場合、人付き合いが希薄になりつつある世の中ですから誰にも頼ることができないので、引っ越しをするときに、引っ越し業者にお願いしなければいけないケースがほとんどだからです。
また、単身での引っ越しの場合、引っ越し業者に頼んでも、引っ越し費用はそれほど掛かりません。
親戚や友人にお願いした場合でも、ガソリン代や食事代、お礼などにお金がかかります。
平均的には1万5千円から2万円程度という統計結果があります。
引っ越し業者に依頼をした場合、1万6千円~6万円程度で依頼ができます。
自力で引っ越しをするよりも、スムーズに荷物を運搬してくれます。
しかも、荷物を運搬するときに家に傷がつかないように、養生もしっかりしてくれますので、賃貸物件でも安心ですね。
ただ、引っ越し業者の価格を見てみると、1万6千円~6万円程度とかなり差があります。
1万6千円で依頼ができれば自力で運ぶよりも安いと実感できるかもしれませんが、6万円ともなると大金です。
できれば安く引っ越し業者に依頼したいものですが、どうすれば安い引っ越し業者を探すことができるのでしょうか?
そのためには引っ越し業者を比較することが重要です。
まずは見積もりサイトを利用して、見積もりをお願いする引っ越し業者を選別します。
そして、それぞれの引っ越し業者と交渉をして、できるだけ安く単身引越しを行いましょう。
しかし、ここに要注意です。
ただ安いからといって、引っ越しをお願いするのも危険です。
見積もりの金額以外に、オプションとして後程、追加料金を請求する引っ越し業者も中にはあります。
では、そのような悪質な業者に引っ掛からないためには、どのように自営をすればいいのでしょうか?
やはり最初に利用した引っ越し見積もりサイトで、評判を隅から隅まで確認するのが一番早い方法です。
そのためには、見積もりの時にお願いするのではなく、一旦すべての見積もりが終了してから連絡をするようにしましょう。
中には今すぐの契約を押してくる引っ越し業者もありますが、それでも一旦帰ってもらって、後日契約をするという強い意思を持つことが大事です。
荷物の運搬だけでいいと思う人は赤帽の利用もオススメしていますが、荷物を運ぶ作業を手伝う必要があったり、作業員に当たり外れが激しいので、一概にオススメです!とも言い難い評判ですね。