カテゴリー別アーカイブ: その他

単身者の引っ越しは安くないと!

引っ越し業者を利用する人で最も多いのが、単身者の引っ越しです。
進学や就職による引っ越しや単身赴任などで引っ越しをする人が多いことと、単身者の場合、人付き合いが希薄になりつつある世の中ですから誰にも頼ることができないので、引っ越しをするときに、引っ越し業者にお願いしなければいけないケースがほとんどだからです。
また、単身での引っ越しの場合、引っ越し業者に頼んでも、引っ越し費用はそれほど掛かりません。
親戚や友人にお願いした場合でも、ガソリン代や食事代、お礼などにお金がかかります。
平均的には1万5千円から2万円程度という統計結果があります。
引っ越し業者に依頼をした場合、1万6千円~6万円程度で依頼ができます。
自力で引っ越しをするよりも、スムーズに荷物を運搬してくれます。
しかも、荷物を運搬するときに家に傷がつかないように、養生もしっかりしてくれますので、賃貸物件でも安心ですね。
ただ、引っ越し業者の価格を見てみると、1万6千円~6万円程度とかなり差があります。
1万6千円で依頼ができれば自力で運ぶよりも安いと実感できるかもしれませんが、6万円ともなると大金です。
できれば安く引っ越し業者に依頼したいものですが、どうすれば安い引っ越し業者を探すことができるのでしょうか?
そのためには引っ越し業者を比較することが重要です。
まずは見積もりサイトを利用して、見積もりをお願いする引っ越し業者を選別します。
そして、それぞれの引っ越し業者と交渉をして、できるだけ安く単身引越しを行いましょう。
しかし、ここに要注意です。
ただ安いからといって、引っ越しをお願いするのも危険です。
見積もりの金額以外に、オプションとして後程、追加料金を請求する引っ越し業者も中にはあります。
では、そのような悪質な業者に引っ掛からないためには、どのように自営をすればいいのでしょうか?
やはり最初に利用した引っ越し見積もりサイトで、評判を隅から隅まで確認するのが一番早い方法です。
そのためには、見積もりの時にお願いするのではなく、一旦すべての見積もりが終了してから連絡をするようにしましょう。
中には今すぐの契約を押してくる引っ越し業者もありますが、それでも一旦帰ってもらって、後日契約をするという強い意思を持つことが大事です。
荷物の運搬だけでいいと思う人は赤帽の利用もオススメしていますが、荷物を運ぶ作業を手伝う必要があったり、作業員に当たり外れが激しいので、一概にオススメです!とも言い難い評判ですね。

サカイ引越センターだけで見積もりしていた時期

今まで私は引っ越しをする際、一社だけに見積もりを取っていました。
大手で有名な、サカイ引越センターだけです。
ここは仕事の質が良いのは評判で聞いていたし、料金も大手だと安いと思っていました。
でも今回引っ越しが決まって、またサカイ引越センターに依頼しようかと思っていると、サカイ引越センターだけの見積もりは危険というサイトに出会いました。
というのも、必ずしもサカイ引越センターの料金が安いわけでなく、値下げの方法もあるからです。
複数の引っ越し業者に、見積もりを頼むと、値下げを簡単にしてくれるそうです。
一社だけだと値下げをしてくれても、適正な価格なのか分かりません。
そのためには、引っ越し費用の相場を知っておく必要もあります。
相場の把握と複数見積もりを利用すれば、もっと安く出来る事が分かりました。
今までサカイ引越センターのみで見積もりを取っていたので、結構損をしていたかもしれません。
営業の言い値で、値段は融通が効くので、高額見積もりをさせられていた可能性があります。
これからは節約を徹底するために、複数見積もりで一社だけに頼らない様にします。

引っ越しを即日決める

引っ越しに関係する準備は非常にたくさんあり、きちんと計画的に行う必要があります。
人によっては、引っ越しを思いたってから即日実行に移すという方もいます。
経済的にまったく問題がないのであれば、そのような引っ越しでも問題はないでしょうが、通常であればこのような引っ越しを即日でという場合には、かなりの費用がかかってしまうものです。

まず引っ越しの日程に関して、まったく余裕がなくなってしまうため、引っ越し業者との交渉は上手くいかなくなってしまいます。
最悪の場合は、どの引っ越し業者も予定がいっぱいになっていて、引っ越し自体を引き受けてくれないということもあります。
そして交渉ができず、引っ越し業者の言うような仕方で引っ越しをすることになるので、値段は当然相手の言い値という事になってしまいます。

そして荷作りをするような時間は一切ないため、荷詰めに関しても引っ越し業者に依頼するようなおまかせパックになってしまいます。
これは引っ越しのパックの中で一番高いプランになるので、引越し費用はびっくりするくらいの金額になってしまうでしょう。
その上繁忙期であれば、見たくないほどの金額になるでしょう。

引っ越しの料金を早めに調査

引っ越しをする時には、いろいろと費用がかかるものなので、一番高くなる引っ越し自体の費用を早めに知っておくと便利です。
それに伴って他の事柄の費用の計算をすることができるようになります。
例えば、引っ越しの費用が少し抑えられるなら、家賃を少し多めに出すこともできるという具合です。

肝心なことは引っ越しの料金を調査する方法です。
一番簡単な方法は、インターネットを利用した費用の調査方法です。
ネットには引越し見積もり一括サイトというものがあり、これを使うとかなり正確に見積もりを出してもらうことができます。
そしてその見積もり金額は、普通に見積もり依頼をするよりも割引が大きいので、試してみる価値があります。

この方法の場合は、契約をしない場合でもまったく問題ありませんので、値段だけ知りたいという事で使うこともできます。
基本的な使い方は、自分の引っ越しに関するデータを入力します。
例えば荷物の量、特殊な荷物があるのか、移動先の情報、引っ越しの日時などです。
これらのデータがサイトに加盟しているいくつかの引っ越し業者へ送られて、その返事が自分のところにくることになります。
簡単ですね。

全身脱毛は安いところの金額とは

脱毛をしたことのある方はご存知だと思いますが、脱毛にかかる料金は決して安くはありません。
特に全身脱毛になると、一時期は100万円以上かかるという事もありました。
もちろん今でも高級なサロンでの脱毛になると、それくらいの金額になることもあります。

では全身脱毛を安い値段で利用するためにはどうすれば良いでしょうか?
それは月額設定がされているような脱毛サロンを探すことです。
月額いくらという形であれば、その月に何度脱毛サロンを利用しても料金が加算されることはないので、安心して通うことができます。
但しこのようなシステムで脱毛を行っているサロンであっても、一括払いという方法もあり、この場合は金額もかなり高くなりますので、契約時に間違えないようにしましょう。

全身脱毛を完全に施術し終えるのは、大体半年後になります。
ですから月額×6ヶ月が総額ということになりますので、それぞれの脱毛サロンの月額を調べてみましょう。
かなり安いというところもないわけではありませんが、基本的には月額9,000円から10,000円という感じになります。
こうした所での全身脱毛であればできるかもしれませんね。

実は難しくないカードローンのりかえ

のりかえという言葉から、面倒な交渉ごとを連想してしまいがちですが、カードローンのりかえはそれほど難しくありません。一番シンプルな方法は違う金融機関と契約を結び、そこから借りたお金で今までの借金を綺麗にすることです。もちろん新しいローンを組む際は金利水準に注意を払いましょう。以前の金利より高いようでは、のりかえる意味が全く無いからです。
現在は総量規制が施行されているため、消費者金融系カードローンの利用上限額は年収の三分の一までと決まっています。つまり年収400万円の人は134万円以上借りられません。のりかえる際は、この総量規制に注意しましょう。たとえば年収400万の人がすでに2社から100万円借りている場合、消費者金融系カードローンを使ってののりかえは不可能となります。ただし銀行系カードローンはこの面倒な総量規制の対象外ですから利用可能。おまとめローンを提供している会社は、基本的にこの銀行系に属します。おまとめローンは銀行系ということもあり金利も低水準ですから、のりかえ先としてピッタリです。ただし利用金額が多くなる上、金利も低水準ということもあり審査は総じて厳しめ。利用を考える際は、出来るだけ借入件数と総額を減らしておきましょう。
借金を一本化!複数ローンはまとめることができるのです。

マンションのお引っ越し

今日も、朝からマンションのお引っ越しが続いています。
続々と引っ越し業者のトラックが入ってきては去り、入ってきては去り。
この辺は転勤族が多く、この時期、どうしても引っ越しされる方の移動でごった返しています。
多分、我が家の前のマンションは会社の借り上げ社宅が多いようで、そのために引っ越しが同じ時期に続いているっていうことなんでしょうね。
みんな、引っ越しの時は一括見積もりなんてしてるかしら。
引っ越しっていうのは、CMなどではフリーダイヤルを覚えるように簡単なロゴ合わせで教えてくれたりしますが、本当はしてはいけないんですよ。
少しでも安く引っ越しをするには、インターネットから引っ越しの一括見積もりと言うものを選び、ここから見積もりを出します。
複数の業者から返事が来るので、そこから価格交渉することによって、引っ越しの金額がずいぶんと下がります。
インターネットの情報によると、通常通りフリーダイヤルに電話したときに比べて、半額ほどにまでなることがあるそうです。
ですから、お引っ越しを予定している人は、必ずきっちりと押さえておきましょう。
この引っ越しシーズン、引っ越し会社っていくらぐらい儲けるんでしょうね。

単身赴任のパパには、引っ越しの単身パックを利用

また、もうすぐ単身赴任が始まります。
うちのパパは、期間はあまり長くは無いのですが、よく単身赴任をします。
まぁ、仕事が仕事だけに、家に帰ってこられないのは仕方がないこと。
ただ、週末には帰ってこれるような距離なので、それほど気が重いわけではありません。
今だって帰ってくるのが遅いから、ほぼ家にいないのと同じですからね。
ところで、パパのお引っ越しは単身パックを使っています。
これはもちろん、1人分程度の引っ越しに使える量の場合の話です。
だから、不要なものは引っ越し前にきちんと処分をして、必要なものだけを厳選して持っていってもらっています。
また、箱の量が多いと単身パックでも割高になるから気をつけないといけませんね。
ところで、見積もりは一括見積もりをするのがお得です。
一括見積もりをしますと、たくさんの業者さんの金額から相場というのが分かってきます。
しかもこっちの手間も省けますしね。
もう、うちは引っ越しに慣れまくっていますから、この手の相談は何でも来い!です。
とりあえず荷物を整理してから、ネットでチェックです。

引っ越しの準備

これはそれぞれの性格的なところだと思うのですが、引っ越し準備をしなければいけないのはわかってるのになかなか進まないということです。
仕事をしていると、なかなか引っ越し準備も進まないというのが正直なところです。
段ボール箱に荷物を詰めるのはもちろんのことですが、それ以外にも書類的な手続きをしなければいけないこともたくさんあります。
何をしなければいけないのかと言うのはあらかじめ調べてチェックをしてあるのですが、チェックをした時点で、もうやってしまった感があるんですよね。
こんなことでも本当にギリギリになって困ってしまうといったことになりそうで怖いです。
引っ越しまであと3週間を切ってしまいました。
できていることといえば、引越し業者を決めて契約をしているということだけで、後は何一つできていないですからね。
あいにく子供の学校の天候手続きなんていうものはしなくていいのだけは助かります。
荷物をまとめるのに関しても、毎日少しずつやっていかないと休みの日に一気にしようと思っても絶対にできる量では無いですからね。
引っ越しをするので本当に大変だなぁとつくづく感じてしまいます。

恐怖の勘違い!?引っ越し業者さんの大変な思い出

最近は引っ越し業者さんも多様化し、実にバラエティ豊かなサービスが受けられる場合もあります。

以前、たまたま引越し中に業者さんと雑談をする機会があり、ずっと聞きたかった質問をぶつけてみたことがありました。
「一番大変だった引っ越しのことを教えてください。」その方はちょっと考えて、「そうですね、ぼく個人の昔の経験ですが…。
伺った際に全く梱包ができていなかった、というのがかなり焦りましたね。」と仰いました。
梱包サービスはすでにその頃あったのですが、この家庭はそのオプションをつけないまま、つけたものと勘違いして当日にいたってしまったと言うのです。
急きょ、梱包スタッフを呼びましたが、あいにくと繁忙期だったので人員が不足し、なかなか作業がはかどらずに時間ばかりが過ぎました。
当然、その後の日程もどんどん押してくるので困り果てたそうです。

大変な作業である引っ越しに際し、引っ越し業者の便利なサービスを享受できるのはありがたいことですが、どういった範囲をお願いするのか、どこまでを自分たちで作業するのか、そういった点のチェックはよくよく確認するべきだな、と思います。